HOME>特集>知っておきたい法事の会食について!【ルールも覚えよう】

法事の食事

法事が終わり会食をする場合、どんな料理が食べられているのでしょうか?一般的に日本では、和食で用意される事が多いです。和食の中でもどの料理で出される事が多いのかまとめてみました。

会食で用意される料理

  • 懐石料理
  • 会席料理
  • 仕出し弁当

会食をしたいけど……

法要後の会食は、施主の人が参加の人数によってどこで行うかを決めます。どこで会食が行えるのか、どこが適しているのかを知っていないと、当日になって慌ててしまう可能性があるので、お店を利用するときは事前に下見などをしたり会食を行えるように場所を整える必要があります。

会食の場所選び

料理

飲食店を利用する

法事の食事は、和食で行う事が一般的でしたが、最近は、和食以外の中華や洋食の料理店を利用して会食を行っている所も多いです。もしも飲食店で会食を行う場合は、事前に参加者の好みの料理を調べておきしょう。苦手なものが多い人が参加しても食事ができるお店選びをすると、参列者も会食に参加しやすくなります。お店の規模によりますが、あまり参加人数が多くない場合は飲食店を利用して会食を行うのがおすすめです。

ホテルを利用する

法事の会食はホテルを利用しても行う事ができます。その場合は、宴会場で行う事が多いです。個室の所が多く会場が広いので、会食に参加する人数が多くても問題なく行えます。ホテルによって違いますが、専用のバスを所有している所もあるので、事前に確認しておきましょう。

家で行う

会食を家で行う場合は、食事の準備や食事の場所を整えるのは施主が行わなくてはいけません。自分で行わないといけませんが、その分場所を貸りたりする費用を抑える事ができます。ですが、手伝いの人がいないと、会食時に手が回らなくなってしまう可能性があるので、家で行うときは会食での手間をかけずに行えるように当日の流れを決めていたり、食事はお弁当にするなど工夫をする必要があります。

知っておきたい法事の会食について!【ルールも覚えよう】

料理

会食で出す料理で気をつけてほしい事

法事の会食を準備する場合、避けた方が良い献立や食材があります。法事の会食の場合、祝い事で多い松竹梅の飾りつけや、祭り寿司や使ってはいけません。また、梅を使った料理やお酒も避けてください。さらに、料理の色どりも紅と白を使うのは避けるようにしましょう。これ以外でも、地域によって禁止している食材が違うので、用意する前によく調べておきましょう。もし、これらのルールが守れているか心配になる場合は、ご法要のプランなどを提供している飲食店で食事をいただくのがいいかもしれませんね。

広告募集中